カークランドが効かない、使えない場合

Pocket

カークランド効かなくてショボーン

カークランド・ミノキシジル5%は塗料型の発毛剤になります。頭皮に直接するためかぶれなどの副作用を受ける場合があります。一般的に時間をおけば治ることがほとんどですが、常にかぶれる方もいらっしゃるでしょう。薬剤ですし、肌の弱い方などには使用が難しい場合があります。そいった場合はやはりカークランドの使用をやめた方がいいでしょう。無理に使用して髪が生えてきても、頭皮を痛めることで後々薄毛が進行する場合も考えられるからです。

カークランドが使えない場合

ではカークランドが使用できない場合はどうやって対処するのがいいのでしょうか。まずは同じミノキシジルを配合した別商品(ロゲイン、アクタビス、リアップなど)を試してみることをおすすめします。有効成分は同じミノキシジル5%になりますが、その他成分が異なっていますので、塗り心地や匂い、色など異なっています。どれが一番良いという問題ではなく、あなたの頭皮にあった使い心地の良いものを見つけましょう。

また、その他の方法で、フィナステリド(プロペシアなど)を使用することも一つの手になります。フィナステリドも同じ発毛剤になりますが、こちらは飲む発毛剤といったイメージになります。効果自体もちがい、AGAの原因男性ホルモンの生成を阻害する効果を持っています。生やすより抜け毛を減らすイメージになります。

フィナステリドはミノキシジルと同時使用も可能な薬剤ですので、カークランドが使える場合も効果が弱かったり、思ったより生えてこない場合などは医者の意見を参考にしつつ使用するのもいいかもしれません。

簡単にカークランドが使えない場合の2点を挙げさせてもらいました。カークランドは万能薬ではありません。誰にでも効くものでもありませんので、もし効かなかった場合はこれらのことを試されみてはいかがでしょうか。